子持ちフルタイム共働きのしんどい家事の時間を減らす方法

共働きの家事って毎日続くし終わりがなくてしんどいんですよね。

「家事をすこしでも楽にしたい」って思った事ありませんか?

そう思うあなたの生活を改善するヒントになる記事です。

読んで参考にしてもらえると嬉しいです。

なんで共働きの家事はこんなにしんどいのか?

こんにちは。

フルタイム共働きで生活していて、7歳と3歳の子供がいるパパのまさおです。

結婚当初からころからずっと思ってました…

家事に時間がかかるなあ。

もっと家事の時間を短くして子供と遊びたいし、自分の時間も欲しい。

簡単に時間をつくれないかなあ。

そんなこんなで5年が経ち、子供も2人に増えて家事育児は過酷さを増してきました。

夫婦共に仕事の責任が重くなって、仕事が増える

さらに、子供は大きくなるにつれて習い事や学校の宿題など習慣づけすることが増える。

もっと言えば、成長につれ洗濯物、食事の量、わがままの数、夫婦での話し合いの時間や子供との会話する時間。

子供の成長につれてやりたいことは増えるのに対して、家事の手間も比例して増えていきます

時間がたりないし、やりたいことが一向にすすまないよ!

そんな時に僕がもともと持っていたズボラの考えが働きました。

「やらない家事を決めたら時間ができるんじゃないかな?」

やらない事をしっかり決める事で寝る時間を15分早くできて寝る前の絵本を読めたり、体操して遊んだりと子供の好きな遊びに付き合える時間を増やせました。

家事の時間を少しづつ減らすことでまとまった時間を作れます

しかし、ズボラな僕ときれい好きの妻とで衝突もありました…

そのことも含めてお話ししていくので読んでいただけると嬉しいです。

疲れた人

しんどい家事の時間を減らすのはやらない家事

僕が考えるやらない家事はこの4つ

・やらない方法を考える
・家族にまかせる
・まとめてやる
・数か月に1回にまとめる

家族全体で考えて、それぞれが楽しく過ごせる時間を増やすこと

これがやらない家事をやる理由です。

ここを忘れて自分の時間だけを増やそうとすると怨念が溜まるので注意してください。

自分の事だけしか考えずに楽をしようとする人は嫌ですよね。

そういう人には間違いなく、怨念が溜まります

大事なので2回言いました。

夫婦関係において怨念の蓄積は崩壊を意味するので注意しましょう

それでは具体的な方法を解説します。

やらない方法を考える

一部の家事を全くやらない。やめる。回数を減らす。無くすこと。

例をあげると

洗濯乾燥機や掃除ロボットの導入で自動でやるようにする

ゴミを減らしてゴミ出しの回数を減らす
効果は薄いですが、お勧めの方法です。うちはプラごみを2週間に1回にしたり、飲み物は全部ボトルにしたり缶やペットボトルを使わないようにしてます。

毎日着るものはしまわない
パジャマなどは毎日着るので洗濯後畳まずにそのままかごに放り込んで脱衣場へ。仕事に行く服も2ローテで使うのでタンスにしまわない。

ズボラに感じるかもしれませんが、ズボラこそ家事を楽にする方法…と勝手に思ってます(笑)

家事を家族にまかせる

夫婦だけじゃなく子供とも家事分担をやる

共働きであればやっている家庭も多いと思いますが分担こそが時短の最たるものです。

それぞれが得意な事をやれば速さは一人の時の3倍になる可能性も秘めています。

子供が大きくなれば子供にお願いするのもいいですね。

子供の自身の成長につながる上に家族の中で役割ができる事は子供にとっても嬉しいことだと思います。

家事分担をする時の注意点

・任せた家事に文句は言わない
・アドバイスもほどほどに

この2点はとても大切です。

自分はやれても相手はやれない。は当たり前。

思考回路が違うので、相手を尊重してものを言いましょう。

よくある失敗はこんな感じ

長女ちゃん!汚れが残ってる!

もっとちゃんと洗ってくれませんか!?

任されたからやったのに…

もう、やめようかな…

なんて考えてしまいますし、何回も失敗はするものなので許しましょう

相手の失敗を許せない気持ちはよく分かります。

手間が少し増える、ちょっとケガする程度ではないでしょうか?

それなら許してあげましょうよ。自分で全部やるよりははるかにましです。

手間取ったりケガしたりはしたくありませんが、勉強だと思って伝え方を工夫しましょう。

一番良いのは一緒にやってみる。

見ただけでできる子もいれば、手を添えてできる子もいる。

どんなことをして失敗したのか、なんで失敗したのかを考える事が大切です。

一緒に考える事で家族も成長できるし、成長したら自分も楽になる。

家族でできる工夫を一緒に考える事ができれば楽しく過ごせるようになります。

まとめてやる

料理や食器洗い、洗濯はまとめてやった方が早いですよね。

僕のまとめる家事は以下のようにやっているので参考になればいいと思います。

料理

・献立は1週間単位でまとめて考える
・野菜は1日分をまとめて切っておく
・朝の残りを夜でも使う

食器洗い

・1日分をまとめて食洗器に入れて洗う
(調理器具はその都度洗う)
・シンクの中は整理して水につけておく
(やる気を無くさない、簡単に洗える

洗濯

・基本は1日2回(服とタオル)
・タオル類は乾燥機で乾かす
・ハンガーは竿にかけたまま

食器洗いを楽にするには?

食器洗いについてはツイッターでアンケートを取ってみました。

やる気がなくなるから、毎回洗う人が多かったです。

僕自身も溜まり過ぎるとやる気は減退しますが食器洗い乾燥機(食洗器)を使えば、15分ほどの時短になりますし、実は光熱費も食洗器の方が安いんですよ。

これを使わないのはもったいないですね!

詳しくは食洗器をうまく活用するコツでお話ししています。

すぐにできる食器洗いのコツは

食器がシンクの中で整理しておき、食洗器に入れる準備をしておくこと。

ただし、水につけていないと食べ残しが固まって取れないので注意しましょう。

食器を綺麗に整理しながらやってみると意外と楽に食器が片付きますし、手も荒れない。

もし、あなたのお家に食洗器がないのなら選び方と買い方を紹介したのでこの機会につけてみませんか?

食器洗いがおっくうにならずに済みます。

わが家の休日ワンオペで1日分の食器

洗濯を楽にするには?

洗濯も結構な重労働ですよね。

わが家はドラム式洗濯乾燥機に買い替えたこと、洗濯する時間を入浴中にしたこと。

この2点で洗濯がかなり楽になりました。

詳しくは別記事で解説していますが、一番のメリットは寝落ちしても大丈夫

子供がいると、寝かせた後に家事をする家庭も少なくありません。

けれど、それをすると寝落ちのリスクがあります。

僕も妻も良く寝落ちをして2時~3時に起きて、そこから家事すると寝れずに朝になる

しかも、その間に子供が起きるともう手に負えない。

翌日に繰り越せないから、ストレスと疲れが溜まるだけでした

入浴中に洗濯して寝る前に干せばこのリスクを回避できます。

一度お試しください。

ドラム式でなくても、衣類だけを入浴中に洗濯できれば朝に大量の洗濯物を干すこともなくなります。

ただし、このやり方は夜に干すので、確実に部屋干しになります。

わが家では浴室乾燥ではなく、衣類乾燥除湿器を使っています。

冬の部屋干しでもパリッと乾くし臭くなりません。

でも、「除湿器の選び方はとっても分かりにくい!」

そう思った事ありませんか?

除湿器を4種類買った僕が選び方をこちらで解説したので参考にしてください。

部屋干しと入浴中の洗濯のより具体的なやり方はこちらで紹介しています。

数か月に1回にまとめる

大掃除などがこれにあたりますね。

この辺は好みの問題になってきますが、

お風呂掃除は浴槽だけ洗って、床は週1にするとか。

拭き掃除は大掃除の時にするとか。

この機会にやらない家事を見直してみてはいかがでしょうか?

やらない家事を実践した時のすれ違い

僕はかなりのズボラーです

妻は僕よりきれい好き。なので僕のズボラ具合に注意があったりと色々ありました。

よく覚えているのはハンガー。

怒るママ
怒るママ

どうして竿にかかってるハンガーを外してくれないの!?

僕の中ではハンガーを外さないのは当たり前でした。

でも、妻はそうではなくて外した方が楽にかけられる派。

どっちも譲らないのでしばらく衝突を繰り返した後…

結局、妻が洗濯担当の時はハンガーを外す。僕が洗濯担当の時はつけっぱなし。

お互いに譲らないままでしたが、当番が変わるときだけ気をつかう形に落ち着きました

今でもすれ違いはたくさんありますが、互いを尊重して落ち着いて話し合えるようにしています

しんどい家事を楽しい家事にする家電

これは人によりますが、今までしんどかった家事が楽しい家事に変わる家電をみつけました

「dyson V12」掃除機です。

この掃除機はレーザーライトがついていて、ちりやほこりが良く見えるようになります

「ゴミって見えてるじゃん」

店頭で僕が商品を見た時の感想。

家で使ってみて、本当に驚きました

家の中はほこりだらけ!しかも、髪の毛も信じられないぐらい落ちてる!

もう、なんじゃこりゃ!!状態です。

そして実際に使うと、見えるゴミが無くなった時の爽快感を味わいました

なんて気持ちいんだろう。それから掃除機をかけすぎるぐらい楽しいです。

8年ぶりに掃除機を変えた時に時代の進化を感じると共に掃除が楽しいものに変わった話でした。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

やらない家事について紹介してきました。

・やらない方法を考える
・家族にまかせる
・まとめてやる
・数か月に1回にまとめる

やらない家事を決めていく中で、夫婦間の衝突は増えていくかもしれません。

でも、「家族の時間を増やす」という目的のために家族の意識をすり合わせていく作業はいいものですよ。

長く一緒に過ごす家族です。

共働き家庭は一緒に過ごす時間が短いのに家事に時間がとられて遊べないのは損ですよね。

大切な家族時間を無駄にしないためにも家事の時間を減らしてみんなで楽しく過ごしましょう

試してみて時間が増えたことを実感できる人が増えると嬉しいです。

この記事で紹介したリンクはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました